本文へスキップ

イースタンデジタル株式会社はセルフコーチングと潜在能力開発を専門とする研修サービス会社です。

TEL. 090-6535-6383

〒213-0034 神奈川県川崎市高津区上作延139−9

IAC Express 技術情報IAC Express Technical Information

  Release notes & How to use

IAC Express のバージョンアップ関連情報や利用ノウハウ情報。

WorkFusion社からは、Intelligent Automation Cloud シリーズ製品の最新アップデートに関するリリースノートが公開されています。こちら→ https://kb.workfusion.com/display/RPAe/Release+Notes
IAC Express のご利用に際しては、適宜そちらを参照してください。

2020年3月28日 更新    

【掲載項目】
 → WorkFusion社ホームページのトップ画面変更に伴う、インストール法の一部変更。
 → (V2.4.2に伴う変更)IAC Express インストール時の事前設定事項(OCR機能を使う場合必須)。
 → (V2.4.2に伴う変更)IAC Express 起動時の新規パスワード設定。
 → 【利用ガイド】ブラウザが開く前にタイムアウトしてしまう場合への対処法。

 

WorkFusion社ホームページのトップ画面変更に伴う、インストール手順の一部変更。

■「無料RPA Intelligent Automation Cloud Express 業務自動化実践ガイド」V2.4.1の補足■
2020年3月28日の時点では、最初に表示されるWorkFusion社の画面が変更になっています。
https://www.workfusion.com/
Intelligent Automation Cloud Express のインストール画面に移行するには、この画面の「Product」タブをクリックしてください。これ以降は、「実践ガイド」に記載の通りです。



(V2.4.2に伴う変更)IAC Express インストール時の事前設定事項(OCR機能を使う場合必須)。

■「無料RPA Intelligent Automation Cloud Express 業務自動化実践ガイド」V2.4.1の補足■
IAC Express のOCR機能を使用する場合は、インストールする前にポートの設定(ポート番号:18280)が必要です。ポートの設定をしないとOCR機能を使うことができません。 インストールした後にポートを設定してもOCR機能を使うことができません。 インストールする前にポートの設定を忘れた場合は、いちどアンインストールを行い、ポートを設定してから再インストールして下さい。
なお、なんらかのセキュリティソフトを使用している場合は、以下のWindowsファイアウォールでは設定できませんので、各ソフトでポートの設定を行って下さい。

1.ポートの設定方法
(1)Windowsのスタートから設定を開きます。


(2)ネットワークとインターネットを選択します。


(3)Windowsファイアウォールを選択します。


(4)詳細設定をクリックします。


(5)受信の規則を選択し、新しい規則をクリックします。



(6)ポートを選択し、次へをクリックします。
v

(7)TCPを選択し、特定のローカルポートを選択、開放するポート番号「18280」を入力したら、次へをクリックします。


(8)接続を許可するを選択し、次へをクリックします。


(9)プライベートを選択します。


(10)追加した規則の名前を指定します。任意ですが、ここでは、IACExpessと入力します。入力しましたら完了を押すことで設定は終了です。次の受信規則の画面が表示されます。


(11)受信の規則画面を見ると、追加した規則の名前が表示されています。


(12)追加した規則の名前(ここでは、IACExpess)のところで、右クリックするとメニューが表示されるので、その中からプロパティを選択します。


(13)指定したIACExpressのプロパティが表示されるので、「プロトコルおよびポート」を選択します。


(14)ローカルポート欄に設定したポート番号(18280)が表示されていることが確認します。確認できたらキャンセルボタンや右上の「×」を押して、画面を閉じます。


以上で、ポート番号の設定は完了です。


2.ポート設定後の確認方法
ポートの確認は、IAC Expressをインストールし(更新インストールの場合を含む)、起動した後でないとポート番号が表示されません。
(1)コマンドプロンプトを開きます。
   「ここに入力して検索」に、「cmd」と入力します。



(2)コマンドプロンプト内でnetstat -anoと入力してポート一覧を表示させます。
   ポート番号18280が存在することが確認できます。


以上です。

(V2.4.2に伴う変更)IAC Express 起動時のパスワード新規設定。

■「無料RPA Intelligent Automation Cloud Express 業務自動化実践ガイド」V2.4.1の補足■
IAC Express(2.4.2)をインストールした後、IAC Expressを起動すると「WorkFusion Studioへようこそ」画面が表示され、そのとき下記のパスワード入力ダイアログが表示されます。
これは利用者のセキュリティ管理が目的です。ここでパスワードを設定しないと、作成したスクリプトを実行([レコーディングを再生]をクリック)することができません。

設定方法はpassword欄に任意のパスワードを指定し、これと同じものをConfirm passwordの欄に入れて、[OK]クリックして下さい。
また、ここでパスワードを入力せずにキャンセルした場合、スタジオ画面が開くたびに下記のパスワード設定画面が表示されます。



なお、スタジオ画面が開く度に、パスワードの入力を要求されるので、覚えておいてください。



【利用ガイド】ブラウザが開く前にタイムアウトしてしまう場合への対処法。

■「無料RPA Intelligent Automation Cloud Express 業務自動化実践ガイド」の補足■
PCの性能またはネットワークの応答遅延によって、ブラウザが開くまでに時間がかかり、タイムアウトして処理が中断してしまうことがあります。このとき「実行エラーが発生」というメッセージが表示され、「ウェブサイトを開く」のアクションのところで停止してしまいます。
この場合への対処法として、「ウェブサイトを開く」のアクションのプロパティを開き、タイムアウトの時間を設定しておきます。タイムアウトは、「最高□ミリ秒まで待機」の□に時間をミリ秒単位で入力します。入力する時間の目安ですが100,000〜200,000ミリ秒、それでも停止する場合は、それ以上の時間を入れて試して下さい。




「無料RPA Intelligent Automation Cloud Express 業務自動化実践ガイド(V2.4.1)」の内容に関するお問合せは
本書巻末に記載されているメールアドレスまでお願いいたします。
なお、ご質問の内容によっては、お答えできるものとできないものがありますことをご了承ください。

バナースペース

イースタンデジタル株式会社

本社
〒213-0034
神奈川県川崎市高津区上作延139-9
TEL 090-6535-6383
http://www.mindventure.co.jp

渋谷サテライトオフィス
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-6-2
エクラート渋谷ビル5F